背中の汗疹やニキビの対策

なぜ汗疹が出来るのか?メカニズムについて

夏になると、誰でも汗をかくことでしょう。
「私は汗はかかないわ」なんて言う人でも、寝ている時、知らぬ間に、
パジャマやシーツが汗でびっしょりになっているかもしれません。

 

夏だけでなく、一年を通して汗っかきな人もいますし、汗は体温調整や余分な水分を放出させる為に大切な作用なのですが、あまりに量が多すぎると、不快ですし、何とかしたいと思うでしょう。

 

夏場は汗ばかりかき、その状態のまま放置していると、やがて痒みが出て、ブツブツの湿疹のような状態になります。
これを「汗疹(あせも)」と呼ぶのですが、大量の汗が、汗の出口を塞いでしまうので、体内に汗がとどまり、炎症を起こしてしまうのです。

 

 

元々汗疹というのは、紙おむつをしている赤ちゃんがおしっこやうんちをして、
しばらくお母さんが気づかずにいると、おむつ内が蒸れて、発症するという
イメージが強いのです。しかし、最近では、高温多湿な状態に加え、クーラー等に頼りすぎた生活をしていると、体内管理が上手く行かずに、気が付くと、汗疹が出ていたということもよくあります。

 

特に背中は皮脂分泌が盛んなので、汗をかいたままの状態を放置すると、
汗疹が出来やすくなり、大人でも十分なりえる症状と言えるのです。

 

赤いブツブツは、見た目的にもあまり良くないですし、とても痒くなるので、
寝ている間等、無意識のうちかきむしって、余計悪化してしまうことに
なります。そうなると、自分で治そうにも、なかなか治らず、
長期戦になってしまいますので、出来るだけ早い段階で
治療に専念した方が良いでしょう。

 

汗疹が出来る仕組みは、汗管という管から分泌される体液が汗であり、
この体液が排出されることで、体温を調整するなどの働きを行っています。
皮膚の表面にあふれると、外部からの刺激によって、炎症を起こし、
痒みを伴う赤いブツブツ状態になり、これが汗疹なのですが、
こまめにシャワーを浴びたり、お風呂に入って汗を洗い流すことで、
十分予防に繋がります。

 

夏場は特に汗が出やすい状態なので、出来ればシャワーを浴びるのが
良いのですが、多忙な日本人には難しいことなので、ボディペーパー等で
拭きとるだけで、肌を綺麗に保つことが出来ます。
鞄に携帯することが出来ますから、こまめに拭いて、汗疹予防をしましょう。

 

 

背中のブツブツは汗疹?ニキビ?

背中は、盛んに皮脂分泌をしている箇所なので、他の部位よりも、
べたべたしやすく、汗も多く出ます。その為、夏場に汗をかいた状態を
そのまま放置してしまうと、次第に赤いブツブツが出来て、
痒くて昼夜構わず、ボリボリと掻いてしまうでしょう。

 

炎症を起こしている肌をボリボリと掻いてしまったら、どうなるのか、
それは想像通り、化膿してグジュグジュになって、短期で治るものも、
余計悪化し、長期治療となってしまいます。

 

しかし、炎症を起こしている状態は、汗疹だけでなく、ニキビである可能性も
あり、その違いについて、あまり知らない人も多いのです。
では、背中の汗疹とニキビ、一体何が違うのでしょうか?
そもそも、炎症を起こす原因は、細菌にあるのですが、それぞれの細菌に
違いがあり、背中ニキビ(http://www.iregua.net/)は皮脂汚れが毛穴を塞ぎ、そこに埃等が
詰まってアクネ菌が増えてしまうのです。

 

一方汗疹は、汗の通り道である汗腺が詰まり、そこから汗が思うように
出なくなるので、黄色ブドウ球菌の繁殖が増えてしまうことにより、
発症します。同じ細菌なのだから、どれも同じと勘違いする人もいますが、
この違いは大きく、ニキビなのか汗疹なのかを間違えると、
その後のケア方法で、益々悪化させてしまう恐れがあるので、
自己判断ではなく、出来れば医師の治療をお勧めします。

 

根本的なケアはどちらも同様に、肌を清潔にしておくことなので、
シャワーをこまめに浴びるとか、肌をボディペーパー等で拭くという
予防が必要になります。入浴にしても、しっかりと湯船に浸かって体を
温めるということも、毛穴内部の汚れをすっきりと取り除いてくれるという
意味では、大切な方法なので、夏場はシャワーだけという人は、
湯船に浸かるように切り替えた方が良いでしょう。

 

又、肌へ直接当たる下着選びも重要な要素であり、汗を吸い取りやすい
コットン素材のものがお勧めです。背中ニキビも汗疹も、自分でなかなか
確認出来ない箇所なので、家族や友人にチェックしてもらい、
早い段階で治療を行うようにしましょう。